スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR烏山線に蓄電池駆動電車システムを実用化

小海線にディーゼルハイブリッド車両のキハE200形が導入されたのはまだ記憶に新しいことでしょう。
その後に新型リゾートトレインとして製造されたHB-E300系もそのシステムが採用されています。

しかし、そのシステムすら時代遅れと言わざるを得ない未来が待ち受けているかもしれません。
その真意は今日のJR東日本の発表にありました。
 
烏山線に新型車両EV-E301系導入

0212
(JR東日本HPより引用)

遂に「NE Trainスマート電池くん」が実用化されます。

0213
(某サイトより引用)

このスマート電池くんこと、E995系電車。
こいつはJR東日本が「蓄電池駆動電車システム」の実用化を目指して作った試験車両でございます。


■蓄電池駆動電車システムとは?
電化区間では通常の電車と同様に架線からの電力により走行すると同時にMc、Mc’(制御電動車2両)に搭載の大容量蓄電池(リチウムイオン電池/600V-95kWh)に充電。非電化区間では蓄電池の電力で走行し、停車駅に設置された充電設備において走行に必要な電力を補うシステムの事。

まあ言葉で聞くとなにやら凄いシステムの様ですが、遂にそれが実用化という事で・・・。
早く百聞は一見にしかずとやらを感じてみたい物です。


■システム構成と開発課題
0214
(JR東日本HPより引用)


■走行モードごとのエネルギーの流れ
0215
(JR東日本HPより引用)


■蓄電池駆動電車システムのメリット
・環境負荷の低減(エンジンからの排気ガスをなくし、CO2排出や騒音を低減)
・車両運用の効率向上(電化区間・非電化区間の共通運用が可能)
・車両メンテナンスの効率化(エンジン・変速機など手のかかる機械部品の削減)

環境にもメンテナンスクルーにも配慮するという、まさに一石二鳥。
しかし、全ての非電化路線に導入できるわけではなく、
・蓄電池搭載容量に適した線区の長さ
・充電設備において充電する為に必要な停車時間が存在する
事が導入の条件となっているようです。

今回、その条件をJR烏山線が満たしていたため、導入される次第となりました。
先行車2輌1編成を導入した後、2014(平成26)年春頃に烏山線(宝積寺~烏山間)、東北本線(宇都宮~宝積寺間)で営業運転を開始する予定。
最終的には、烏山線の気動車全てを新型車輌に置き換える予定となっています。

0216
2008.11 小塙~滝 PENTAX istDL2

0217
2008.11 烏山駅 PENTAX istDL2

この様な光景も見納めですね。
スポンサーサイト
プロフィール

hatsukari583

Author:hatsukari583
埼玉在住で秋田と長野の血を持つ高2。
勉強→部活→趣味の循環生活。
自由主義。
現実主義。
楽観主義。
客観主義。
俯瞰主義。
地理・歴史好き。
数学は嫌い。
様は文系人。

洋楽好き。
Linkin Park万歳!
Green Day万歳!
Slipknot万歳!
ちなみに洋楽を聴いてると、
英語のリスニング力、
そして発音が向上します。
日本人に足りないのはここです。
下手すると文法より大事?

旅好き。
将来は世界を旅したいね。
異文化の経験って大事だ。
え?英語?!
やってるよ!
そりゃ・・・。

鉄道好き。
文系人なので、
当然、文系的価値観で評価しています。
車両の設計がどうのこうのよりも、
歴史や背景を知ることが好きですね。
気動車が大好きです。ただ、
車を持たない自分に機会は少ない。
秘境駅も好きですが、
普通の駅も蔑ろにしてはいません。
撮影機会が少ない自分は、
専ら葬式鉄化しています。
しょうがない・・・。

生物好き。
ガキの頃は図鑑ばっか見てた。
意外と幼少期に覚えた知識って、
忘れないもんです。

サッカー好き。
バークレイズ・プレミアリーグ万歳!
アーセナルFCのファン。
でもアンチトッテナムではない。
やっぱりお互いをリスペクトし、
切磋琢磨を促す事が大事です。

写真歴5年。
身長17?㎝。
足のサイズは28.5㎝。
O型。
声が低い。
暗記が得意。
計算が苦手
比較的晴男。
意見交換大好き。
異文化好き。
和食とイタリアン好き。
辛党。
犬より猫派。
うどんより蕎麦派。

旧ブログ
http://blog.goo.ne.jp/hatsukari583_68/

お願い
・当ブログはリンクフリーです。
・当ブログの写真等の使用は商用目的以外で可能です。
・最低限のマナーは守って下さい。

自分の趣味以外の何者でも無い気ままで適当なブログです。
こんなブログですが拍手、コメント等を頂けると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鳥 (3)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。