スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去を思う今

あの時は特に何も考えなかったけど今思えば撮っておいて良かった写真。

少なからずあるのでは?

僕は最近だと419系ですね。

0058
↑北陸本線 金沢駅

中3の夏です。

何も考えていませんでした。

ただ単に撮れりゃ良い。

近いうちに引退するだろう。それだけ。

本当に引退しちゃったんですね。

これと言ったさよなら運転も無く忽然と・・・

0059
↑北陸本線 西高岡駅

2ドアでボロボロ。

地元民にはあまり愛されているようには感じませんでしたが。

0060
↑北陸本線 西高岡駅

やはり583からの改造って事で一際注目されていた車両でもありました。

今思い返せば行って良かったなと率直に感じています。

これからもまたこういった事が起こっていくんでしょうかね?

もちろん上手くいかない事もあるでしょうが。

むしろそっちの方が多いかも。

今度はどこへいこうかな?


0061
↑北陸本線 西高岡駅

そう言えばこんな変な奴もいたな(笑)


いずれもNikon D90

にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小滝駅

FC2に移転してから初めてとなる秘境駅特集はこの駅を選んだ。
訪問日は今年の元旦。
少々間が開けてからの記事となってしまうが、覚えてる範囲内で出来る限り伝えたいと思う。


年に数回ほどお世話になっている父親の実家の諏訪。
2010年の大晦日もお邪魔させて頂いた訳で、年明けの元旦は大糸線の撮影に行こうと決めていた。
大糸線はどこも絵になる場所であるが今回は秘境駅のこの駅を含め、周辺の撮影地で狙うことにした。
何よりも大糸北線は廃止対象区間としていつも名を挙げる路線である。
鉄道愛好家としてはもちろん廃止はしてほしくないものだが、
何よりこの大糸北線は時速40Km/hほどのノロノロ運転をする区間が有るため、
南小谷~糸魚川間を車で移動するよりも30分近く遅くなってしまうのである。
それでは利用客も減っていくのも時間の問題であり、
JR西日本区間では三江線と同じくらいに廃止は時間の問題だという見方がある。

さて、上諏訪から朝の中央本線普通列車で松本へ移動し、そのまま北アルプス方面へ北上する。
JR東日本区間の大糸線は車両こそ魅力的では無いが、路線としては非常に魅力的である。
松本~信濃大町までは一般的な住宅地を突き進んでいくが、
白馬付近へ来ると、車窓から北アルプスを拝むことができ、
朝焼けに包まれる北アルプスを翻弄することが出来る。
南小谷へ近づくとそこは秘境ムードへと変貌し、非常に飽きの来ない路線である。
途中除雪作業の影響で運転打ち切りといったハプニングにも遭遇したが、
特に目立った影響も出ずに数々の駅へ停車してきたE127系電車は終点の南小谷へ到着。
ここからJR西日本区間へ足を運ぶことになる。
ここはキハ52が運行していた路線として有名だが、向こうからやって来たのはキハ120形。
キハ52が運行していた時は撮り鉄で溢れていたようだが、もはやその痕跡すら見あたらない。
信州ワンデーパスの効力はここで無効になり、整理券を取って乗車。
冬季休暇の時期ともあって車内の乗車率は高め。
そうこう考えている内にドアが閉まり、ワンマン単行気動車が発車した。
南小谷駅から先はほぼ姫川沿いの渓谷の中をのろのろと進んで行く。
中土・北小谷・平岩といった無人駅を停車していく。
そしてはるばる上諏訪から6時間。目的の駅が見えてきた。

0004
↑小滝駅のホーム

駅を降りるとそこはまさしく秘境といったムードに存在していた。
ここの近くには水力発電所があったりし、そういった所は少し気になるところではあるが、
周囲に人は全く見あたらない。
駅には昔使われていたであろう待避線跡が存在し、段々と廃れていった路線を証明していた。

0005
↑小滝駅の駅舎

付近には国道が通っており、頻繁に車が通過していく。
国道脇には民家が一軒だけあり、人が住んでいる気配が感じるが肝心の人は見あたらない。
売店などは一切なく、中規模ほどの水力発電所が稼働しているが、そこをも人の気配を感じない。
元旦という日は人々を外に出させる気力という物を奪っていくのであろうか? 

0006
↑小滝駅付近から大糸線を俯瞰する。 小滝~平岩

国道から脇へそれ、大糸線を俯瞰する形で列車を狙った。
列車からかなり距離はあるが、エンジン音はしっかりと僕の鼓膜を振るわした。
キハ120のエンジンはきっとかなり強力な物なのであろう。
一段落ついたという安心感が自分の身を食い尽くしていき、元来た道を何も考えずに引き返していった。
さて、駅へ到着し時刻表を確認。
すると自分の乗る列車の10分ほど前に糸魚川方面行きの列車があることに気付く。
ただでさえ、列車が少ない区間なのだからこれは撮らなければならないと痛感する。
元いた場所ではつまらない。
だがあまり遠くへは行けない。
どこか良い場所は無いかと小滝のホームへ降り立つと、とある光景が目に飛び込んできた。

0007
↑小滝駅から極至近、トラス橋を飛び出すキハ120形。 小滝~平岩

トラス橋である。
まさか小滝からこんなに近い場所にこんな所があるとは思いもしなかった。
構図を確認しながら、刻一刻と時間は過ぎていき、糸魚川方面列車が飛び出してきた。

0008
↑寂しそうに糸魚川方面へ姿を消す 小滝駅

小滝を発車した糸魚川行きは寂しそうに黄昏た自分を見つめていた。
姫川沿いにエンジン音を響かせながら去っていく。
しばらくし、やってきた南小谷行きは再び元来た道へ導いてくれたのだった。

小滝駅 訪問日2011/01/01
路線:JR大糸線
管轄:西日本旅客鉄道
所在地:新潟県糸魚川市大字小滝字尾巻
秘境駅ランキング:99位
開業年:1935年(昭和10年)12月24日
1日平均乗車人数:2人 2009年
構造:1面1線 地上駅 無人駅

いずれもNikon D90で撮影。







未だ決まらず

0003

今夏の予定は未だ決まらず。

そもそも予定たてた時点で行けるかどうかも分からず。


大量の夏休みの宿題、夏休みの大多数を埋める部活。

行ける日が相当限られてくる。


とりあえずたてるだけたてといた予定↓

・伊豆箱根鉄道
・関東鉄道キハ350
・烏山線
・新潟地区(ほぼ決定済み)
・伊豆箱根鉄道
・長野電鉄屋代線(ほぼ決定済み)

これくらいと言ったところ・・・・・・。

写真は昨年夏の氷見線。

我ながら超有名撮影地。

この路線も行き先不安定。

氷見線 雨晴~越中国分 Nikon D90
プロフィール

hatsukari583

Author:hatsukari583
埼玉在住で秋田と長野の血を持つ高2。
勉強→部活→趣味の循環生活。
自由主義。
現実主義。
楽観主義。
客観主義。
俯瞰主義。
地理・歴史好き。
数学は嫌い。
様は文系人。

洋楽好き。
Linkin Park万歳!
Green Day万歳!
Slipknot万歳!
ちなみに洋楽を聴いてると、
英語のリスニング力、
そして発音が向上します。
日本人に足りないのはここです。
下手すると文法より大事?

旅好き。
将来は世界を旅したいね。
異文化の経験って大事だ。
え?英語?!
やってるよ!
そりゃ・・・。

鉄道好き。
文系人なので、
当然、文系的価値観で評価しています。
車両の設計がどうのこうのよりも、
歴史や背景を知ることが好きですね。
気動車が大好きです。ただ、
車を持たない自分に機会は少ない。
秘境駅も好きですが、
普通の駅も蔑ろにしてはいません。
撮影機会が少ない自分は、
専ら葬式鉄化しています。
しょうがない・・・。

生物好き。
ガキの頃は図鑑ばっか見てた。
意外と幼少期に覚えた知識って、
忘れないもんです。

サッカー好き。
バークレイズ・プレミアリーグ万歳!
アーセナルFCのファン。
でもアンチトッテナムではない。
やっぱりお互いをリスペクトし、
切磋琢磨を促す事が大事です。

写真歴5年。
身長17?㎝。
足のサイズは28.5㎝。
O型。
声が低い。
暗記が得意。
計算が苦手
比較的晴男。
意見交換大好き。
異文化好き。
和食とイタリアン好き。
辛党。
犬より猫派。
うどんより蕎麦派。

旧ブログ
http://blog.goo.ne.jp/hatsukari583_68/

お願い
・当ブログはリンクフリーです。
・当ブログの写真等の使用は商用目的以外で可能です。
・最低限のマナーは守って下さい。

自分の趣味以外の何者でも無い気ままで適当なブログです。
こんなブログですが拍手、コメント等を頂けると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鳥 (3)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。