スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来シーズンのプレミアに早くも期待!

来シーズンのプレミアリーグが早くも楽しみです。
移籍市場での動きも活発で日本人選手の活躍も増えます。

特に気になる選手を挙げてみました。

オリヴィエ・ジルー(フランス/アーセナル)
0141

昨シーズンは決して強豪とは言えないフランスのモンペリエSCを優勝に導いたストライカー。
192㎝の長身、抜群の決定力とポストプレーを持ち合わす非の打ち所が無い万能型フォワード。
夏の移籍市場でアーセナルがいち早く彼を獲得しました。
ファン・ペルシーの退団が噂されているだけに来シーズンの彼の存在は重要な物になるでしょう。
現在25歳。サッカー選手としては比較的遅咲きとも言えます。


ルーカス・ポドルスキ(ドイツ/アーセナル)
0142

代表で100キャップを超える絶対的存在。
同じポーランド系ドイツ人のミロスラフ・クローゼと共に2トップを組む。
ケルン出身で彼は現地人に「小皇帝」と讃えられるほどの人気があり、ケルン復帰の際には地元民が結束して移籍金をかき集め支援したほど。
2年間地元のケルンで過ごしたが、来シーズンは新たな挑戦を求めアーセナルへ移籍。


香川真司(日本/マンチェスター・ユナイテッド)
0143

才能ある若き日本代表ストライカーはドルトムント→マンUへの移籍が決定。
その才能に監督のアレックス・ファーガソンも絶賛するほど。
ペナルティーエリアでの決定力が軒並み高く、昨シーズンのドルトムントでの全ゴールをペナルティーエリアから決めている。
国内ではパフォーマンスでは無いかという噂も流れたが、監督はこれを否定。
8月18日の開幕戦(対エヴァートン)での先発を明言している。


エデン・アザール(ベルギー/チェルシー)
0144

優秀な若手の多いベルギー人サッカー選手の中でも特に輝く存在。
古巣のリールではキレのあるドリブルと意外性のあるパスで相手を翻弄してきた。
その才能が認められ、早くも移籍の話が絶えなかったがここは豊富な資金力を持つチェルシーFCに軍配が上がる。
移籍金は3200万ポンド程度という事でその期待の高さが伺える。
弟のトルガン・アザールもチェルシー行きが決定。
ただ彼の場合は出場機会を求めてのレンタル移籍が濃厚と見られる。


ギルフィ・シグルズソン(アイスランド/トッテナム)
0146

昨シーズンのスウォンジー・シティでの活躍が評価され、トッテナムへ移籍したアイスランドの新生ミッドフィルダー。
といっても19歳の頃から既に代表経験があり、9試合出場1ゴールという記録を持つ。
長身でフィジカルに長け、パス精度が高く、強烈なミドルシュートも持ち合わす。
日本で言うと本田圭佑に近い。


カイル・ウォーカー(イングランド/トッテナム)
0145

昨シーズンの最優秀若手選手賞を受賞した輝く右サイドバック。
抜群のボールコントロールと絶妙なタイミングでの攻撃参加が持ち味。
クロスの精度も高く、フリーキックを任される事も。
まだ22歳だが、既にイングランド代表で試合にも出ている。


パピス・シセ(セネガル/ニューカッスル・ユナイテッド)
0147

昨シーズンに冬の中間移籍市場でフライブルクからニュー・カッスルユナイテッドに移籍。
その途端に抜群のパフォーマンスを見せすぐにスタメンを掴むと同じセネガル人ストライカーのデンバ・バと共にゴールを量産。
ニューカッスル・ユナイテッドの大躍進の原動力となり、5位でフィニッシュ。
新たなクラブの歴史を作り上げた。
圧巻は5月2日に行われた第34節チェルシーFC戦でのゴール。
前半19分に左サイドから右足のアウトサイドでカーブをかけてループ気味に吸い込まれたゴールは世界屈指のGKと言われるペトル・チェフでさえも止めることができなかった。
本人もデンバ・バも残留を表明しており、来シーズンのニューカッスル・ユナイテッドの低迷の心配は無くなったと言えるでしょう。

スポンサーサイト

第28節とムアンバ選手の話題

プレミアリーグ第28節、アーセナルvsニューカッスル・ユナイテッド戦。

アーセナルの快進撃が続いてます。

ロシツキーのゲームメイク力にチェンバレンの光る個人プレー、

ウォルコットのスピードを生かした決定機演出に最後は絶好調のファン・ペルシーと・・・。

シュチェスニーの鬼セーブも忘れてはいけませんね。



試合は14分にベン・アルファのゴールで先制を許すものの、

直後にウォルコットのクロスからリーグトップスコアラーのファン・ペルシーが同点弾。

後半はアーセナルがボールを支配するもののオランダ代表の若き守護神ティム・クルルのセーブに阻まれ、

またロシツキーのシュートミスもあり、逆転を奪えず。

しかし、アディショナルタイム94分にヴェルマーレンの劇的ゴールで勝ち点3を手に入れました。



これで4試合連続逆転勝利。

これはプレミアリーグ初の快挙(?)です。

これで10試合を残しチェルシーとは3Pt差。

永遠のライバル、トッテナムには1Pt差で4位とCL圏内に入ってます。

1位は昨シーズン優勝のマンチェスター・ユナイテッドです。

ストーク・シティは順位を落としましたね。ちょっと残念ですが(笑)


で、気になるニュースが、

宮市のレンタル先、ボルトン・ワンダラーズに所属するムアンバ選手の話題。

FAカップのトッテナム戦で前半終了直前にピッチに倒れ込み、現在も危篤状態だそうです。

接触があったわけでもなく、人工呼吸、AEDでも意識は戻らず、

客席からはムアンバコールが起こるものの病院に運ばれ試合は延期。



なんだか2003年のフォエ選手を思い起こすような事になっちゃいましたね。

彼はそのまま永眠してしまいましたが、ムアンバ選手にこの様な惨事は起きて欲しくないです。

彼の回復を祈ります。






ロングスローの驚異

2月24日のキリンチャレンジカップ、日本vsアイスランド戦では珍しいプレーを見ることができましたね。



ハンドスプリングスローです。

英語だとFlip Throwというのですが最近では廃れてきた技らしいですね。

ロングスローを行う手法として昔は一般的だったらしいですがファウルスローになるリスクも同時に高いとのこと。

ファウルスローの規定↓
・片足がピッチから離れている
・両足でジャンプしてスローインする
・両足、もしくは片足が完全にタッチラインを越えている
・頭の後ろからボールを投げていない
・ボールが頭上を越えていない
・片手で投げる

今回のソルステインソン選手のハンドスプリングスローは一度もファウルになってません。

きっと上手いんですね。

やはりアイスランド代表の戦法の一つとして定着しているみたいです。



前転による勢いで遠くに飛ばせる上スピードがつくので厄介と言えば厄介ですね。

前線に背の高い選手がいればそれだけで驚異です。



ちなみにスローインの上手な選手と言えばストーク・シティのデラップです↓



彼だけ次元が違いますね(汗)

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

Loan From Arsenal

ラツィオ本田の誕生はデマでしたね。

マスコ(ゴ)ミにやられた・・・



だがこっちは本命。

アーセナル宮市亮がボルトン・ワンダラーズへレンタル移籍。

0062

アーセナルとボルトンは親密な仲ですよね。

過去にはウィルシャーがレンタルしてその後ブレイクしましたし、

監督同士の仲も良いそうです。

宮市にとっても技を磨くのに打って付けですね。



それにしても彼凄いですよね。

100Mを10秒台で走る快足、クリロナを思い浮かばせる足技、未だ19歳・・・

アーセナルファンの僕には気になる存在です。

でもそれ以前に海外の評価も高いですからね。

イギリス紙が選ぶ注目の10代プレイヤー20人で9位に選ばれた経験があります。

宮市亮プレー集(フェイエノールトへのレンタル移籍時)



それにしても速い・・・

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ
にほんブログ村

オラが町のクラブ

昨日の夜、なんとなくJ-SPORTSを見たらリヴァプールvsストーク・シティの試合をやっていました。

リヴァプールはまあ知ってるでしょうね

イギリスの大都市でThe Beatles発祥の地です。


で問題はストーク・シティ・・・

どこの町やねん

って話。

調べると・・・ストーク・オン・トレントだそうです。

地図みたらわかります、田舎です。

田舎町にもちゃんとしたクラブがあるんですね。

さすがイギリス。



ストーク・シティと言えば放り込みサッカーで有名ですね。

前線に背の高いストライカーを配置したやたらロングパスを送る戦法。

アジアカップ決勝のオーストラリア戦で日本を苦しめた戦術です。

この日のスタメンはピーター・クラウチ

身長201㎝



はい、鬼です。

イングランド代表経験ありの巨人

巨人は前線だけじゃありません。

おそらくチームの平均身長は185超くらいでしょうね・・・

とにかくヘディングに強いクラブです。

見ていて面白い。

しかしまあリヴァプールも強豪クラブなので、

試合結果は0-0のスコアレスドロー

今期のストークは絶好調で現在8位です。

2年前に2部から上がったとは思えない・・・

大都市のビック・クラブも良いですが田舎町の中小クラブなんてのも良いですね

オラが町のクラブって感じです。


ストーク・シティのゴール集↓ (2009-2010)




プロフィール

hatsukari583

Author:hatsukari583
埼玉在住で秋田と長野の血を持つ高2。
勉強→部活→趣味の循環生活。
自由主義。
現実主義。
楽観主義。
客観主義。
俯瞰主義。
地理・歴史好き。
数学は嫌い。
様は文系人。

洋楽好き。
Linkin Park万歳!
Green Day万歳!
Slipknot万歳!
ちなみに洋楽を聴いてると、
英語のリスニング力、
そして発音が向上します。
日本人に足りないのはここです。
下手すると文法より大事?

旅好き。
将来は世界を旅したいね。
異文化の経験って大事だ。
え?英語?!
やってるよ!
そりゃ・・・。

鉄道好き。
文系人なので、
当然、文系的価値観で評価しています。
車両の設計がどうのこうのよりも、
歴史や背景を知ることが好きですね。
気動車が大好きです。ただ、
車を持たない自分に機会は少ない。
秘境駅も好きですが、
普通の駅も蔑ろにしてはいません。
撮影機会が少ない自分は、
専ら葬式鉄化しています。
しょうがない・・・。

生物好き。
ガキの頃は図鑑ばっか見てた。
意外と幼少期に覚えた知識って、
忘れないもんです。

サッカー好き。
バークレイズ・プレミアリーグ万歳!
アーセナルFCのファン。
でもアンチトッテナムではない。
やっぱりお互いをリスペクトし、
切磋琢磨を促す事が大事です。

写真歴5年。
身長17?㎝。
足のサイズは28.5㎝。
O型。
声が低い。
暗記が得意。
計算が苦手
比較的晴男。
意見交換大好き。
異文化好き。
和食とイタリアン好き。
辛党。
犬より猫派。
うどんより蕎麦派。

旧ブログ
http://blog.goo.ne.jp/hatsukari583_68/

お願い
・当ブログはリンクフリーです。
・当ブログの写真等の使用は商用目的以外で可能です。
・最低限のマナーは守って下さい。

自分の趣味以外の何者でも無い気ままで適当なブログです。
こんなブログですが拍手、コメント等を頂けると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
鳥 (3)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。